脂肪肝を改善

脂肪肝をサプリで改善する

脂肪肝とは、食べ過ぎ飲み過ぎで引き起こされる肝臓の肥満です。小腸で分解された脂肪酸が肝臓にどんどん送られると中性脂肪となって肝臓に蓄積されていきます。脂肪が5%を超えると脂肪肝といわれています。脂肪肝は男性では40歳前後、女性では40代以降に多く見られますが、自覚症状がないので定期的な検査が必要です。 食べ過ぎや飲み過ぎを止め、運動をすることが基本ですが、肝臓から分泌される胆汁を増やすことが大事です。タウリンは胆汁酸を増やす働きがあり、胆汁酸はコレステロールを排出してくれます。牡蠣に含まれるタウリンは肝臓内の蓄積された中性脂肪を排出してくれるので、脂肪肝のサプリとして高い人気があります。 またアンモニアを解毒して肝機能の改善を図るオルニチンも脂肪肝のサプリとして定着しています。

肝臓を守るにはどのようにすればよいか

脂肪肝の改善や予防のためにサプリを飲む人が増えています。知らないうちに肝機能が低下していて中性脂肪が溜まり脂肪肝と診断されてしまうケースが多いためです。タウリンやオルニチンを中心に、大豆に含まれるサポニンには肝機能を正常化する働きがあり、ビタミンやミネラルも肝臓の代謝には欠かせないものです。 サプリで食事では不足しがちなこれらの栄養素を毎日続けて摂ることで脂肪肝へのリスクを回避することができます。脂肪肝になってしまっている場合には、低カロリーの食事やアルコールを控えることの他に、運動も取り入れたいところですが、全部を実行できない人には、まずサプリで中性脂肪を追い出して肝機能を正常化していくことが一番です。

ページのトップへ