魅力を高めるために

歯の着色汚れを落とす方法

魅力的な笑顔でいるためにも、歯の健康や美しさにも気を配るのが大切です。 歯に着色汚れが付いて黄ばんでしまっていると、笑うのも気が引けて気分が憂鬱になってしまうこともあります。 セルフケアで歯のホワイトニングを行えば、このような悩みからも開放されます。 そもそも歯に着色汚れが付いてしまう原因には、日々の食べ物や飲み物が影響しています。 緑茶やコーヒーなどの飲み物や、赤ワインなどの飲み物を良く飲む方は要注意です。 また、色濃い食べ物も大きく影響していて、カレーやたくあんなどがあります。 調味料だとしょう油やソース、果物のいちごやブルーベリーなども黄ばみの原因になります。 専用のホワイトニング効果のある歯磨き剤を使って、こまめに歯を磨くことで改善することが可能です。

オイルでホワイトニング

海外セレブが行っている事でも話題になっているのが、オイルプリングです。 天然のココナッツオイルやごま油を口に含んで、口の中でブクブクさせるだけです。 美容効果と健康効果が高く、歯の健康をしっかりと守ってくれます。 中でも注目したのが、歯のホワイトニング効果です。 油は油で落とせの原理で、歯の着色汚れや磨き残しの歯垢などをきれいに取り除くことができます。 通常の歯磨きのように歯を研磨することなくホワイトニングが可能なので、歯を守りながらきれいにすることができるのです。 やり方は簡単で、大さじ1杯ほどの油を口に含んで、20分ほどクチュクチュするだけです。 お金もオイル代しかかからないですし、歯肉炎の治りも早くなりますから、一度試してみましょう。

ページのトップへ